産後の骨盤矯正(多治見市Sさん)

34歳で第一子を産んで、3ヵ月後に来院されました。主訴は骨盤の右からお腹にかけての痛みや違和感です。触診すると、右のお腹から右足に沿って肝経の経絡に異常が起きています。また骨盤も右の仙腸関節に固着があります。骨盤とあわせて、肝経への施術を2回行いました。があまり反応が良くありません。3回目に来院され時に、右の下腹部に異常な凝りをみつけたので、本人に盲腸、卵巣、子宮のあたりに癒着があるかもしれないと伝えると、そういえば、4年前に卵巣嚢腫で手術したとのことでした。そういうことかと思いました。このケースでは4年前の術後の予後と産後の歪みが合わさっていて、回復には時間がかかると思いました。(20160124)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする