産後の骨盤矯正と過去の腰椎ヘルニアに鍼通電療法を行った。

産後の骨盤矯正の施術で来院されたEさん(20代)ですが、毎日夜に腰、おしり、もも裏にかけて痛みやシビレがありました。話を良く聞くと10代で腰椎のヘルニアの診断をされていました。当院でも触診と整形外科テストでヘルニアの反応がでました。このケースは骨盤と腰を同時に施術する必要があり、手技と鍼通電の併用で施術を行いました。4回目の施術後には鍼での効果があったようで、本人も随分足の痛みが軽くなったようでした。月2回の施術を行い6回目終了時点で足の痛みは2割程度になったようです。今後も鍼併用での施術が望ましいと思います。(20170830)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする