「 産後の骨盤矯正 」一覧

産後の骨盤矯正と過去の腰椎ヘルニアに鍼通電療法を行った。

産後の骨盤矯正の施術で来院されたEさん(20代)ですが、毎日夜に腰、おしり、もも裏にかけて痛みやシビレがありました。話を良く聞くと10代で腰椎のヘルニアの診断をされていました。当院でも触診と整形外科テストでヘルニアの反応がでました。このケースは骨盤と腰を同時に施術する必要があり、手技と鍼通電の併用で施術を行いました。4回目の施術後には鍼での効果があったようで、本人も随分足の痛みが軽くなったようでした。月2回の施術を行い6回目終了時点で足の痛みは2割程度になったようです。今後も鍼併用での施術が望ましいと思います。(20170830)


2人目のご懐妊おめでとうございます!(土岐市M様)

Mさんは第一子出産後から、骨盤(恥骨)や股関節の膝の痛みがあり産後のケアに来て頂いていました。育児疲れと、子供の抱っこによる手の腱鞘炎や、むくみなどもあり、2人目が欲しくてもなかなか出来なかったですが、この度、2年越しに待望の第二子を妊娠致しました。(20170520)


産後の膝痛(土岐市Tさん)

第3子を産んだ後、産後の骨盤矯正の施術を受けに来院されました。骨盤の他には膝の痛みを気にされていました。この方を触診するととても骨太で骨格がしっかりしています。3人目を29歳で産んだ後3ヵ月後の状態でしたが、年齢も若く体力があります。骨盤の状態は良く、歪みも少ないです。ただ、膝の状態がやや年齢のわりに痛んでいます。出産をきっかけに、膝が老化するケースもあるので、気を付けてほしいです。(20160307)


産後の骨盤矯正(多治見市Sさん)

34歳で第一子を産んで、3ヵ月後に来院されました。主訴は骨盤の右からお腹にかけての痛みや違和感です。触診すると、右のお腹から右足に沿って肝経の経絡に異常が起きています。また骨盤も右の仙腸関節に固着があります。骨盤とあわせて、肝経への施術を2回行いました。があまり反応が良くありません。3回目に来院され時に、右の下腹部に異常な凝りをみつけたので、本人に盲腸、卵巣、子宮のあたりに癒着があるかもしれないと伝えると、そういえば、4年前に卵巣嚢腫で手術したとのことでした。そういうことかと思いました。このケースでは4年前の術後の予後と産後の歪みが合わさっていて、回復には時間がかかると思いました。(20160124)


産後の骨盤矯正(愛知県Kさん)

妹の紹介で第一子出産後に来院されたKさん40歳。産後の骨盤矯正と妊娠時から両足親指の痺れがあり施術を行いました。所見では左仙腸関節に歪み、両股関節前面の筋肉の緊張がありました。年齢的に回復に時間がかかると予想していたが、月に2回の施術、計6回の施術で左仙腸関節の歪みも治まり、指先の痺れも改善し終了しました(20150515)