産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正は産後1か月以内がおすすめ!

当院の産後の骨盤矯正は、産後(退院後)すぐから行えます。これは私の施術の過去の経験から言えることですが、産後の骨盤はまだ柔らかく、矯正するには良い時期です。個人差はありまが、産後3か月で、早い方は自然と骨盤が締まってきたり、場合によっては歪んだまま固まってきたりします。ですから、産後すぐ~1か月以内は矯正するのに最も良い時期です。実際にその時期の方を何人も矯正しておりますと、骨盤の治りが早いように感じます。

こちらも参考に→妻に行った産後の骨盤矯正 →当院での産後の骨盤矯正の症例(複数)

また、仮にその時期を過ぎても諦めないでください。個々の骨盤の状態に合わせた施術を行えば、徐々に効果が出てきます。

産後の状態を当院の一般的な症例で次の様に分けて考えてみましょう。

20代の出産の場合

産後の回復が良いです。産後は3か月以内に骨盤矯正を数回(月に2~3回)目安に行い短期間で整えていきましょう。

30代の出産の場合

20代の方より産後の回復がやや遅くなりますが、ケアしながら着実に治していきましょう。産後~6か月程度かけて徐々に回復していきます。この期間に定期的(月に2回)に骨盤矯正しましょう。

40代の出産の場合

個人差はありますが、産後の回復にやや時間がかかります。これは、体力や治癒力の違いだと考えます。産後~1年かけて骨盤ケア、体調管理をしていきましょう。中でも初産の場合は特に時間がかかると思われます。焦らず長い目で見ていきましょう。

帝王切開の出産の場合

帝王切開の方は特に産後のケアが必要です。その理由は2つあります。
自然(経腟)分娩では赤ちゃんが骨盤を通って出産に至りますが、この過程で、開いた骨盤が閉じるというスイッチが入ると思われますが、帝王切開では赤ちゃんが骨盤を通らないので骨盤を閉じようとするスイッチが入りづらいのではと考えます。
帝王切開後の方の骨盤を触るとまだ出産途中で一時停止しているような骨盤のように感じます。まだ開いている最中で閉じる機会を見失っているかのようです。そのため、当院では帝王切開後の方の骨盤矯正も大切だと考えます。
また、子宮と腹膜などの癒着を起こさせないためにも、同時にお腹のケアも行います。

お子様連れでも安心。託児可(要予約)

お連れ、同伴のお子様や赤ちゃんも施術室内待合で妻(三児のママ)がお世話いたしますので安心して施術を受けられます。必要に応じてオムツ、おもちゃ、飲食料などご持参して下さい。

また、ご要望があればお連れのお子様、赤ちゃんの骨格の歪みも無料でみさせていただきますし施術も可能です。→子供整体

料金 1回 30分 4000円(税込)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする